産業廃棄物の処理・処分・運搬・収集、リサイクル事業・粗大ゴミ回収ならエコ・エイト(東京都世田谷区)

産業廃棄物のリサイクルをお考えの方

ごみのリサイクルとは? どうしてリサイクルなの?

最近リサイクルという言葉を日常的に耳にします。
今世の中ではリサイクルに取り組むことが当然のモラルとなっています。
使い捨ての時代は終わり世界中で資源の有効循環に取り組む時代となっています。
それが次の未来を作る事につながり、企業としての責任でもあるのです。

エコ・エイトでは社会的立場から限りある資源の保全と未来につなげる地球環境作りを掲げ、
社内一丸となってリサイクルに取り組んでいます。

ごみのリサイクルとは? どうしてリサイクルなの?

各企業ではリサイクルへの取り組み自体が
売り上げに直結する主力としてサービスの展開をする企業が増えています。
資源を使い製品を作る→使い終わった製品を資源に変える→新たな製品を生む。

この流れの中でいかに企業として
リサイクルしやすい製品を選ぶかが企業イメージにつながっていくのでしょう。
しかし、すべての企業がサービスにリサイクルやエコなどを盛り込めるわけではありません。
企業によってはエコロジーとはつながりにくいものも多いはずです。
そんな中でもリサイクルをすることにより、
地球環境を意識した姿勢をアピールすることができ、企業の見られ方も変わってきます。

・企業モラルが上がり、世間からの定評が良くなります。
・地球資源が守られます。
・資源リサイクルなどではコストが安く上がります。
・ISOの基準にも制定されているので認証取得しやすくなります。

などなど、企業価値を高める事と地球環境への負荷の低減の両立ができます。
すばらしいですね!!!!
我々エコ・エイトではそんな企業様のお役に立てるアイデアやノウハウがいっぱいあります。
ぜひ一度ご相談ください。

こんなごみをリサイクルする事ができます。

■プラスチック類

プラスチック類

プラスチックのほとんどが石油からできており、微生物の分解でも1000万年ほど掛かっています。
もちろん不用意に燃やしてしまえばダイオキシンなどを撒き散らす原因となり、
その処理の仕方には注意が必要です。
一番身近で、数も多い商品ですので、今一度、そのあり方には見直しが必要な時代となってきています。
具体的な処理の仕方としてはリサイクルセンターで分別後、
破砕処理を経てプラスチック原料や燃料として再利用されています。

■建設廃棄物

建設廃棄物

ビル等の建造物をリフォームあるいは解体した後に出るがれき類、
鉄くず、木くず等を回収し、リサイクルいたします。
細かく分別後、コンクリートならば路盤材や埋め戻し材、骨材などに生まれ変わり、
鉄くずは金属再生をし、木屑はチップ状になり燃料材となり新たなエネルギーに生まれ変わります。

■ビン・ガラス類

ビン・ガラス類

飲料や医療関係まで幅広く、私たちの日常に溶け込んでいるのがガラス製品です。
回収されたガラス製品は色ごとで分別され、ガラスとしてのリサイクルはもちろん、
細かく砕いて路面材、緑化・断熱、園芸、浄化、建築、土木に活用されます。

■家電

家電

粗大ゴミや什器回収などで集められた家電などは、
家電リサイクルセンターに集められ、家電リサイクル法に基づいて処理されています。

産業廃棄物の処理・処分・運搬・収集、リサイクル事業・粗大ゴミ回収のエコ・エイトへお問い合わせはこちら
産業廃棄物の処理・処分・運搬・収集、リサイクル事業・粗大ゴミ回収のエコ・エイトでの無料お見積もり