産業廃棄物の処理・処分・運搬・収集、リサイクル事業・粗大ゴミ回収ならエコ・エイト(東京都世田谷区)

  1. オフィスにリフレッシュスペースを取り入れるメリット

オフィスにリフレッシュスペースを取り入れるメリット

オフィスにリフレッシュスペースを取り入れるメリット

従業員が仕事から離れ、気軽に集えるような空間を「リフレッシュスペース」と呼びます。最近では、福利厚生の一環としてオフィス内にリフレッシュスペースを設置する企業が増えており、来客者を招き簡単な打ち合わせもできるような、魅力的な空間を設置する企業も少なくありません。
リフレッシュスペースは、従来の休憩室とは異なり、従業員の生産性を高め業績に直結する重要な要素として重要視されています。ここでは、そんなリフレッシュスペースをオフィスに取り入れるメリットを紹介します。

リフレッシュスペースとは

オフィス内に設置され、勤務中の従業員が自由に利用できる「憩いの場」あるいは「リラックススペース」をリフレッシュスペースと呼びます。

リフレッシュスペースは、従来の休憩室とは全くコンセプトが異なります。単に執務スペースから離れる目的で設置されるのではなく、従業員の心身に働きかけるさまざまな工夫が施されているのが特徴です。

リフレッシュスペースを設置するメリットと活用方法

オフィス内にリフレッシュスペースを設置すると、以下のようにさまざまなメリットが生まれます。

休憩時間の確保

リフレッシュスペースは、従業員の「休憩」を促すために設置されるスペースです。限られた時間の中で、きちんと心と体を休ませることで業務の質を維持し、業務中のミスや事故を予防します。

オン、オフの切り替え

リフレッシュスペースを設置すると、業務時間と休憩時間を明確に区別できます。オンとオフの切り替えは、脳の活性化に不可欠な要素です。忙しいときこそ積極的に活用すれば、想像力が高まり新しいアイディアが生まれやすくなります。

社内コミュニケーションの拠点

リフレッシュスペースで過ごし心と体がリラックスすれば自然と会話がはずみ、他部署の従業員ともコミュニケーションを取りやすくなります。普段コミュニケーションをとる機会の少ない従業員と話すことで、自分の視野を広げることができるでしょう。

リフレッシュスペース内に設置すると良いもの

従業員の心と体がリラックスするようなリフレッシュスペースを作るには、どんなものを設置すれば良いのでしょうか?

本棚

業務関連の書籍以外にも、雑誌や画集など思わず手にとってしまいそうな本が並んでいると心が落ち着いたり、新しいアイディアが浮かんだりします。

自動販売機

自動販売機やコーヒーサーバーを設置すると、カフェテリアのような雰囲気が生まれ、コミュニケーションが活性化しやすくなります。

観葉植物

観葉植物には、疲れた体を癒し心に安らぎを与える効果があります。植物を描いた絵や写真を飾るのも良いでしょう。

リラックスチェア

長時間オフィスチェアに座って仕事をしていると腰に負担がかかり、肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。背もたれの広いリラックスチェア、あるいは大きなビーズクッションなどを設置すれば、疲れた体をほぐせるでしょう。

フィットネス器具

コンパクトなペダルエクササイズマシンなど、気軽に利用できるフィットネス器具を設置すれば、仕事の合間にリフレッシュできます。軽い運動は、長時間のデスクワークによるストレスの解消にも効果的です。

リフレッシュスペースがあるのとないのとでは、仕事に対するモチベーションも変わってきます。「働きやすさ」の指標として、リフレッシュスペースの有無や内容を重要視する就活生も増えており、個性的で遊び心満載のリフレッシュスペースを持つ企業への関心が高まっています。オフィスのリフレッシュスペースを見直して、従業員が過ごしやすい環境を作ってみてはいかがでしょうか?

産業廃棄物の処理・処分・運搬・収集、リサイクル事業・粗大ゴミ回収のエコ・エイトへお問い合わせはこちら
産業廃棄物の処理・処分・運搬・収集、リサイクル事業・粗大ゴミ回収のエコ・エイトでの無料お見積もり